上手くいかないときは仕方ない

これは最もおすすめできない方法。同棲が始まった当初から「こういう時期もあるでしょ」「どこのカップルもあることだよね」とあきらめてしまうと、その後、改善のきっかけを見つけるのは難しく、不満は雪だるま式に大きくなっていきます。

 優子さんが、「こんなはずじゃなかった」「別れも考えなければいけない」と感じていたのは、こんな状態に陥り始めていたから。別々の人生を送ってきた二人、しかも思考回路の異なる男女が一緒に生活する以上、上手くいかないことがあって当然であり、無用な不満や喧嘩を避けるために、本音を伝え合う機会が必要なのです。

 そんな話し合いの機会に「遅すぎる」ということはありません。優子さんも彼も、同棲を始めたからこそ感じた疑問、違和感、不満、横浜 デリヘル。あるいは、感謝、充実感、満足などを伝え合いながら、二人暮らしの生活スタイルを作っていくべきでしょう。

お互い素直に「これは改善しよう」と受け入れ、「ごめん」と謝れるのは、早い時期ならでは。まだ同棲2か月の優子さんには、「割り切るのではなく、あきらめずに向き合ってください」とアドバイスしました。