派遣型リフレ 秋葉原リフレ

リフレ界ルックス最上位レベル! ハニーライト看板嬢の体験談(ハニーライト/秋葉原)

派遣型リフレ『ハニーライト』Yちゃん

佐々木希・てんちむ

諸君!
ごきげんよう。
リフレ大学、学長である!

そんなわけで今回は、
秋葉原にある派遣型リフレ、
ハニーライト・Yちゃんの体験談である。

実はこのYちゃん、
新人の頃に気になってはいたのだが、
デビュー直後に
ステマブログ軍団に紹介されまくっており、
それを見て完全に入る気が失せていたのだ。

ああいうブログは、
出る記事出る記事、
「ドアを開けるとアイドル級の美少女が!」
みたいなものばかりで、

そんなに美少女がいるかバカ野郎!

とブチ切れていたものである。

Yちゃんに関して言えば、
佐々木希に似ているとか
何とか書かれており、

と思っておった。

あれから1年以上――――。
我輩もようやく気分が落ち着いてきて、
まあ、一回くらい
入ってみようかな?
と思うに至ったのである。
 

秋葉原ハニーライト・ホテルへの道のり

秋葉原駅昭和通り口

秋葉原到着!

昭和通り口は、
山手線ホームから結構歩くのが
地味につらい。

そして、
チャンピオンロードならぬ
ニュータウンロードを進み、

ニュータウンロード

楽途(ラトゥア)ホテルへ。

楽途ホテル外観

以前書いたこともあるが、
我輩、秋葉原には
ニュータウンとメロディーしかないと
思い込んでいたので、
楽途ホテルは初利用である。

ニュータウンは120分3000円から。
メロディーは90分2500円だが、
我輩史上最悪のレンタルルーム
楽途ホテルは画像を見る限り
広くてキレイで90分2500円から。

じゃあ、楽途ホテルにするよな

受付でホテル代を払って・・・
と思ったら実際は90分2750円であった。
税別なのか・・・

たった250円ではあるが、
なんだかなあという気分。
さらに支払い方法は現金のみ

う~む、
端数出すのも面倒だし、
これなら60分の利用でも
ニュータウンの方がいいかな。

なんてことを思いながら
部屋に到着。

わあ~ひろ~~い♪

事前に見た画像の通り、
広くてキレイだった。
しかも電子レンジやら鍋やらが
備え付けられておる。

全体的にニュータウンよりも
一段クオリティが高い

ベッドは二つあるし、
何やら枕も多いし、
ごぼう状の何かもあるし。

次の指名は
楽途ホテルちゃんにするか、
ニュータウンちゃんにするか、
迷うところである。

そんなわけで、
店に連絡して、
女の子の到着を待つ・・・
 

秋葉原ハニーライト看板嬢のお顔は?

チャイムが鳴り・・・
存在は知っていたが、
一度も会ったことのなかったあの子とご対面!

よろしくお願いします♪
おお・・・

佐々木希・・・

まあ、ギリ・・・許せる!!

ちょっと嫌な言い方になったかもしれんが、
「佐々木希ギリ許せるレベル」
世間的には相当上位に位置するので
容赦願いたい。

プロフィール画像では
清楚系お嬢様な雰囲気であったが、
本物はややキャバ系寄り。

とは言っても、
「キャバ嬢に憧れる女子大生」
くらいである。

服装やバッグなども
抜かりなくキメてきている感じで、
港区女子感が強め。

一番似ている有名人は
この人であろう。

Youtuberてんちむ

Youtuberのてんちむである。

Youtuberてんちむ2

我輩の好みの問題で
上の画像をアイキャッチにしたのだが、
下の画像の方がやや印象は近い。

いずれにせよそのルックスは、
こういう世界の中でも
見た目のいい女の子が集まるリフレ界、
その中でもトップクラスに位置する!
と断言できよう。
 

秋葉原ハニーライト看板嬢との裏オプ交渉

このYちゃん、
話してみると
中身は明るいサバサバ系であった。

そういう意味でも
ちょっとキャバっぽいと言える。

意外なことに
共通の趣味があって、
話も結構盛り上がった。

それではいよいよ・・・
裏オプ交渉といこうか。

本番やってる?

大将やってる?
とラーメン屋で
聞くくらいの感覚で
聞いてみた。

え~と・・・
相場だと2.5とか3とかだと思うんですけど
ちょっと高くて・・・

はっきりとは答えず、
なかなか煮え切らない返答。

じゃあ3.5とか4くらいかなあ、
と思ってさらに突っ込んでみると、

5でやってます
(^o^)

ちょっとじゃないなあ・・・
初めて会って5はちょっとなあ・・・

5を持ちかけられたのは、
JKMAXの某嬢以来である。

話を変えて、
フェラはいくらか尋ねてみる。

2です

こちらはなぜか相場通り。

じゃあ今回はフェラで!

というわけで裏オプ交渉終了。

ちなみにキスはNGで、
本番なら流れで・・・
みたいなことを言っていた。

・生フェラ:20000円
・本番:50000円

こうして見てみると、
あと3万で本番できたのかあと思い、
本番3万なら頼んだほうが良かったな
と不思議な発想になってしまう不思議。
 

秋葉原ハニーライト看板嬢のマイクロビキニ

シャワーを浴びて戻ってくると、
Yちゃんはマイクロビキニ姿に・・・

ハニーライトには
「通常コース」と、
マイクロビキニがセットになっている
「アロマコース」がある。

特に何も言わず
時間だけ伝えて予約すると
自動でアロマコースにされるようなので
注意が必要である。

細身のYちゃんのビキニ姿は、
モデルのような美しさを誇っていた。
やはり若い女の子の体は、
いつ見ても眩しいものだ。

若さに加えて
さらに磨きをかけているであろうYちゃんは、
もはや後光が差しているレベルである。

胸の大きさはかなり控えめで
おそらくAカップ。

我輩は女の胸なら
何でも好きなので問題なし。

細身のせいかと思うが、
胸だけでなく下も
マイクロビキニがぶかぶかで、
色々とはみ出ている。。。。
 

秋葉原ハニーライト看板嬢との裏オププレイ開始!

よし・・・
紐、ほどいていくか・・・

まずは上を取る。

小さな小さなおっぱいを揉み揉み・・・

っ・・・んぅ

大半の子は、
揉むくらいでは
特に反応がないことが多いのだが、
Yちゃんはかなり感度が高いようで、
ピクピクピクピク動いていしまう。

これは乳首は慎重にせねばな・・・

指で触れるのは
摩擦が強いだろうから
軽くにとどめておき、
Yちゃんを寝かせて
乳首を舐めることにする。

ペロッ・・・
チロチロチロ・・・・・・

んっ・・・くっ・・・

先程よりも強く、
ビクビクし続けて
悶えてしまうYちゃん。

さあ、下も取ろうか・・・

紐をほどき、
リフレ界トップ層の女の子の
おま●こを網膜に映し出す。

予想はしていたのだが、
やはりアンダーヘアは脱毛済み。

ビラビラ等は小さいタイプで、
キャバ寄りの見た目に反して、
いたいけなおま●こであった。。。。

軽くなら触ることを許可されたので、
そっとタッチ。
すでに濡れている。

スジに沿って、
指一本をスッスッとなぞらせる。
チュク、チュク、と音がする。

今度は指三本の腹を使って、
円を描くように全体を撫で回す。

グチュグチュグチュ・・・

卑猥な音が大きくなる。

クリも忘れずにこねこね。。。

Yちゃんは恥ずかしいのか
腕で顔を隠しながら
体をのけ反らせてビクビクしている。

さ、次は乳首舐めしてもらおうかな。

Yちゃんが近づいてくると、
きれいな髪のいい香りが漂う。
サラサラの髪が我輩の体に触れると、
それだけでも気持ちいい。

美女は髪だけでもイけるな
などと思いながら
乳首に奉仕してもらう。

はあ・・・極楽・・・

秋葉原ハニーライト看板嬢の生フェラ・・・

それでは本日の目玉、
生フェラの時間だ!

Yちゃん、
まずは手で扱いたり、
舌先でチロチロと舐めてくる。

そしていよいよ、
その美しい顔の、
口で、咥えてもらう・・・!

ジュッ、ジュプジュプジュプ・・・

くっ・・・

我輩、
ちょっとでも歯に当たったりすると
気持ちよくなれなくなるのだが、
Yちゃんのフェラはかなり上手く
久しぶりに気持ちよくなれた。

何より、
顔面偏差値が最上位に位置し、
モデル級スレンダーボディの
美女に咥えてもらう
満足感・達成感・征服感は、
えも言われぬ快感である。

だが・・・ここで残念ポイント!!

Yちゃん、
数ストロークすると休憩、
数ストロークすると休憩、

という感じで、
ある程度の長さしか
してくれないのである。

えずいちゃうから・・・
あ・・・そう・・・

これは・・・かなり、萎え。

口内射精も禁止ということで、
なかなか気分が盛り下がった。

とはいえ
フェラしてくれないわけではないので、
せめてその数ストローク
楽しむことにする。

まあ、
このレベルの美女が
咥えてくれるだけでも
ありがたいのは間違いない。

ジュポ、ジュポッ、ジュポッ・・・

やっぱり、上手いな・・・

限界を迎えそうになったので、
手コキに切り替えてもらう。

萎えてイけないかと心配していたが、
これだけの美女なら
顔を眺めているだけでも
容易に射精感は高まってくる。

あえなくフィニッシュ!
 

秋葉原ハニーライト・Yちゃんの体験談まとめ

【女の子】
・てんちむ似リフレ界最上位層美女
・モデル級スレンダー(推定Aカップ)
・裏オプ本番はかなり高め
・フェラの消極さが・・・
【料金】
・アロマコース60分(指名料合わせて):11000円
・ホテル代:2750円
・裏オプ代:20000円
・計33750円

・・・
正直この見た目なら、
一度は再訪して
5万で本番するのも
ありだと思えた。

しかし、
フェラの消極性を鑑みると、
本番ならできると言っていたキスも、
かなり消極的なんだろうな
強く想像できてしまう。

そもそも、
キスが消極的でないのであれば、
今回していたはずだと思われる。

「本番なら流れで・・・」

このセリフは釣り針だ。
嘘ではないが、本当でもない。

我輩は、騙されない。。。

さて諸君、
今回はここまでである。

また次回、お会いしよう。
 


 

我輩のプライベートが覗けるTwitterである!

-派遣型リフレ, 秋葉原リフレ
-,

© 2020 リフレ大学